タイ式富士登山

<持ち物>
チェックボックスにチェックを入れて、忘れ物のないようにしましょう!
必須なものも、あったほうが良いものも確認しましょう!

□ ザック
防寒具が意外なほどかさばりますので大きめのものを用意。

□ トレッキングシューズ
スニーカーでも登れますが砂礫道の部分で靴の中にどんどん砂や石が入ってきますので、足首の保護等を考えてハイカットタイプの登山靴がオススメです。
靴下はトレッキング用の厚手のもの、普通の靴下を二重にして履くと靴擦れが起きにくくなります。

□ ヘッドライト&ポケットライト

登山道によっては岩場に手をついて登る場面があるため、ご来光登山の場合はヘッドライトがあったほうが良いでしょう。
あとポケットライトは予備として暗くなってしまった場合や、山小屋でトイレに行く時等、絶対にあった方がいい品です。

□ 防寒具
ご来光登山は必須。このほかに貼るカイロや座布団カイロ等も用意。

□ 服装
紫外線が強烈なので、長袖が必須。下は乾燥が早いストレッチカーゴパンツが望ましいですが、結構高いので見た目を気にしないならジャージでも構いません。
Gパンといった汗や雨で濡れると動きを妨げる素材は体力消耗に繋がるので不向きです。
シャツ類の素材は当然化繊入りの速乾タイプで。今だとユニクロでもシマムラでもワークウェアショップでもどこでも手に入ります。
昼間でもガスがかかって急に肌寒くなったりするので、調節のしやすい脱ぎ着が楽な服(前をジッパーで閉めるタイプとか)の方がベストです。

□ 帽子
熱射病対策や万が一の落石時の頭部保護として必要。

□ 着替え
山小屋の中には着替えるスペースはありませんが、雨に濡れた時に着替える物が無いと体力を奪われることになります。

□ 軍手、手袋
軍手は岩場や転んで手を突いた時等、着けておいて良かったと思う場面が必ず出てきます。

□ 雨具
用意するのは必ず上下セパレートのタイプです。上だけのポンチョタイプは全く役に立ちません。傘も同様。
ザックカバーが内蔵されていないザックだった場合、雨に遭遇すると中身がびしょびしょになります。
大きいゴミ袋で荷物全体をくるむという手もあります。
雨具は防寒具来た上で装着することもあるので、ワンサイズ上のを購入した方が無難です。

□ 紫外線対策
紫外線が非常に強いので、日焼け止めを用意。

□ 水
500mlを2本。小屋でも買うことも出来きます。

□ マスク
下山道はもの凄い砂埃が立ちます。使い捨てマスクでいいので、1枚有ると大分楽になります。

□ 衛生用品
基本的にトイレには紙が無いので、必ず持参してください。水に溶けるタイプのティッシュまたはトイレットペーパー持参。
また、手を洗う水にも不自由しますのでウェットティッシュも有った方がいいです。
あとトイレについてですが、有料(100円くらい)ですので必ず小銭の準備を。

□ 携帯電話
電波は通じますので、(場所によっては電波がたたないところもあります。)何かあったときのために持っていきましょう。

□ おやつ&軽食
甘い物、しょっぱい物、両方用意しておきましょう。軽食としてオススメなのが手軽に食べられるシリアルバー。
ゼリー飲料も1個か2個持っていくべき。高山病で食欲が無くなっても、ゼリー飲料だと結構入ってくれます。

□ ゴミ袋類
ゴミを持ち帰るのは当然のマナー。下山後でもコンビニとかSAとかその辺で捨てていかないように各自で持ち帰りましょう。
コンビニ袋はカサカサうるさいので、チャック付きのフリーザーバックを使用した方がゴミの圧縮とかも出来て便利。

□ 絆創膏類、健康保険証
小さいのでいいので、消毒薬と絆創膏位は有った方がけがした時安心。健康保険証はコピーで構いません。

□ タオル
汗拭きの他に、山小屋の枕に被せたり、首筋に巻いて日焼けを防いだりと色々使用します。

□ 耳栓
山小屋泊なのであると便利です。

□ カメラ
思い出をとどめておく為には必要ですね。雨にたたられた時用に、フリーザーバックで構わないので防水袋も用意しておきましょう。